[参考価格]

●e-イヤホン楽天市場

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高音質 イヤホン WESTONE UM Pro10【Redesign Model…
価格:19,780円(税込、送料無料)

 

[特徴]

一般的なイヤホンからプロミュージシャン用のインイヤーモニターに乗り換えるなら、バランスド・アーマチュア・ドライバ1基を使用するWestone UM Pro10が入門機として最適です。
精密なユニバーサルフィットモニターは、ステージの騒音から聴覚を保護するだけでなく、ミキサーからのリターンを細部まで正確に再現できる唯一のイヤホンだと言えます。

ドライバー バランスド・アーマチュア・ドライバ 1基
フルレンジ
再生周波数帯域 20 ~ 16KHz
入力感度 114dB
インピーダンス 25Ω

(※上記画像、テキスト参照:
http://www.tekwind.co.jp/products/WST/entry_13507.php)

 

[管理人メモ]

解像度は、素晴らしい!さすがは老舗ブランドのBA基。

そして装着感も最高!

ですが、やっぱり音の響きに不自然さが残ってしまいますね…。BA1基だけだとなりがちな、あの微妙な感触です。

今回のRedesign Modelリリースにあたって、「どう払拭してくれるかな??」と期待していた部分、なかなか難しいみたいです。

特にボーカルが機械的な響きになってしまいます。

そうすると、やっぱりBA1基だとfinalやKlipschにはかなわないことになってしまいますね…。

いや、finalとかがすごすぎるのか…。

かといってエントリーモデルだけダイナミック1基にしても、そこにはSE215という絶対的強者がいるので競争が激しいですね。

一時期Fenderがイヤホン業界に乗り出してきた時、「上位モデルはBA複数を使ったイヤホンで、エントリーだけダイナミック1基構成」というラインナップで、エントリーモデルの質がよかったので話題になりました。

が、時間が経てば結局SE215に飲み込まれてしまった感があります。

まぁ、ということでコレはこれでいいんじゃないでしょうか。

フィット感素晴らしいですし。

当面のライバルはNuForceのHEM1ですかね。あちらもBA1基の耳掛けリケーブル対応機です。2pinですが。

 

[評価]

※管理人が実際に聴いて評価していますが、あくまでフィーリングです。絶対的なものではありません。

【音のバランス】

[高域] □□□☑□

□伸び □余韻 □鋭さ □シャリ感

[中域] □□□□☑

☑抜けの良さ □細やか □雑味が残る □埋もれ気味

[低域] □□□☑□

□タイト □沈み込みの深さ □力強さ □籠もり

【装着感】

装着性 ☑◎ □○ □△ □×

遮音性 ☑◎ □○ □△ □×

【解像度】

低い←□□□☑□→高い

□繊細 □透明感 ☑情報量 □分離感

【音場】

狭い←□□☑□□→広い

☑見通しの良さ □左右の広がり □奥行きの深さ

【印象】

モニター←□☑□□□→リスニング

□硬質 ☑クリア □シャープ ☑ダイレクト感 □ウォーム □アタック感 □ライブ感 □濃厚さ ☑スピード感 □味付けの濃さ

【得意なジャンル】

□ロック ☑ポップス ☑バラード □ジャズ ☑クラシック

音楽好きな同志たちのために
このイヤホンを持っている方!試聴したことのある方!ぜひ印象・感想の口コミを下のコメント欄(名前・アドレスは任意)よりお寄せください!他の方がイヤホンを選ぶ際に大変参考になります。5段階評価だけでもお気軽にどうぞ!
3.46/5 (14)

イヤホンの評価をお願いします!