ネット試聴可能なイヤホン一覧は→コチラ

[参考価格]

●e-イヤホン楽天市場

●Amazon

p_20161219_150142-01

↑管理人が持っているIX3000(イヤピは変更)

超絶コストパフォーマンス!背後にある音まで全て描ききる圧倒的な再現力

低価格イヤホンのコスパモデルといえば、ZERO AUDIO”CARBO TENORE”とこのIX3000がロングセラーですね。イヤホン好きなら誰もが知っている、コスパの代名詞的存在です。

低音~高音までのバランスがとても良いのはさることながら、驚嘆すべきは音の前後の描き分け…その圧倒的な再現能力です。他のイヤホンだと気づかなかったのに、このIX3000で聴いたら「バックでこんな音が鳴っていたんだ…」と気づかされることが度々あります。IX3000で音楽を聴いていると、そのサウンドの狭間で全ての音が手に取るように感じられ、どっぷりと楽曲の世界に引き込まれるような感覚を受けます。表面的な音ではなく、アーティストの世界観を感じられますね。これだけの再現力があって、人気が出ないわけがない。そう思わされます。

ただしデザインからはあまり高級感は感じられないので、そこをどう捉えるかは人それぞれでしょう。わりと『プラスチック感』がただよっています(笑)。別にセンスがないとかおかしいとかでは全くないのですが、もっと安価なイヤホンで1more “Piston Classic”というデザインのきれいなイヤホンもありますので、デザインを重視したい方にはこのIX3000は第一候補にはならないかもしれませんね。

以下に4曲、IX3000で再生した曲を録音したものを載せました。環境はAK70直差しです。なかなか試聴したくてもできない方もいらっしゃると思いますので、参考になれば幸いです。

また、IX3000を試聴したことのある方!実際に所持している方!これからIX3000の購入を検討している方のためにも、下のコメント欄からぜひ口コミをお寄せ下さい!(名前とアドレスは入れなくて大丈夫です!)5段階評価もよろしくお願いします。ともに素晴らしい音楽生活を送っていきましょう。

【→どうやって録音しているの??】

別企画:5つの質問に答えてピッタリなイヤホンを探そう!
『イヤホンコンシェルジュ』は→コチラ

4.17/5 (1)

イヤホンの評価をお願いします!