ネット試聴可能なイヤホン一覧は→コチラ

[参考価格]

●e-イヤホン楽天市場

[特徴]

ドライバーユニット φ9.2mm ベリリウムダイヤフラム ダイナミック型
再生周波数帯域 5Hz 〜 20k Hz
感 度 108dB/mW
インピーダンス 16Ω
最大入力 20mW
質 量 4.5g
ケーブル MMCX着脱式ツイストケーブル1.2m
入力プラグ φ3.5mm金メッキステレオミニ
ボディ材質 液体合金金属

(※画像・テキスト参照:
http://www.motheraudio.com/product/me8.html)

シンプルなボディ、制動の効いた優等生サウンド!

日本のメーカー、北日本音響株式会社から初のイヤホンリリース!!

40年近くスピーカー開発に携わってきたメーカーだけあって、『うまい鳴らし方』を心得ていますね。

高い剛性を誇る「ベリリウム」振動板に、Campfire Audio製イヤホンを皮切りに話題が広まった「液体金属ボディ」を採用し、

聞く前から「コレ絶対音いいやん…」と思わせるスペックになっています。

ただし、お値段約12万円。

同時にリリースされたME5は約3万5000円ですから、かなり値段は跳ね上がった印象がありますね。

果たして、この12万円という価格が、どうなのか。

結論、まぁ適正なんじゃないでしょうか。

私も「これはいいな」と思って買ったわけなんですが、他と比べていって、消去法でたどり着きました(笑)。

なんというか、ものすごくいいイヤホンなんですが、サウンドが優等生すぎて没個性的なんです。

1回聞いただけだと、衝動買いするほどの魅力をグワッと受けるわけじゃない。

でも他と比較していくと、隙の無い造り・万能のサウンドを誇るME8が最終候補に残る、そんな感じです。

ケーブルの質もいいですね。軽くて取り回しのいい、銀メッキ銅。市販でだいたい2~3万円くらいのケーブルと同等の品質です。

MMCXでリケーブルも可能。管理人は早速PW audioのinitialに換装しました。耳掛けになっていないケーブルを探すのがちょっと大変ですね(笑)。

純正ケーブルでの音の傾向は、「解像度のかなり高いダイナミック1発型」というスペック通りのものです。味付けはありません。

同じく液体金属ボディ×ベリリウム振動板のLYRA IIとも似ていますが、あそこまでドンシャリでなく、解像度ももっと高いです。

音場も広いほう。

あと、何気にシュア掛けできます。左右反転のやり方ですね。

たぶん、今まで色々とイヤホンスパイラルをやってきた人なら、ME8の良さがひしひしと分かるんじゃないでしょうか(笑)。

[録音音源]

【→どうやって録音しているの??】

《ポップス》

 

《ロック》

 

《ジャズ》

 

《クラシック・オーケストラ》

 

《洋楽》

 

音楽好きな同志たちのために
このイヤホンを持っている方!試聴したことのある方!ぜひ印象・感想の口コミを下のコメント欄(名前・アドレスは任意)よりお寄せください!他の方がイヤホンを選ぶ際に大変参考になります。5段階評価だけでもお気軽にどうぞ!

別企画:5つの質問に答えてピッタリなイヤホンを探そう!
『イヤホンコンシェルジュ』は→コチラ

No ratings yet.

イヤホンの評価をお願いします!