iPhone用ワイヤレスイヤホンの選び方

今回はiPhone8/iPhoneXにおすすめの、ワイヤレス(Bluetooth)イヤホンを紹介していきます!

まずは、ワイヤレスイヤホンの選び方を図解してみましょう!↓

一口に「ワイヤレスイヤホン」と言っても、たくさんあって、どれを選べばいいのかわからないですよね。

そこで、選び方の大事なポイントは2つ!

 

①通信方式(=コーデック)

iPhone8/Xは、ワイヤレスで音楽を聴く方法として、2種類の電波が飛ばせるようになっています。

図に書いてある、「SBC」と「AAC」ですね!

高音質なのは、AACのほうです。

ですから、イヤホン側もAACを受信できるものを選びましょう!

AACを受信できるイヤホンを接続(ペアリング)すれば、自動的にAACでの音楽再生が始まります。

 

②再生時間

当然、ワイヤレスイヤホンはバッテリーで駆動しますから、連続で再生できる時間には限界があります。

切れたら充電すればいいのですが、これが面倒くさい。

充電し忘れると、音楽を聴けなかったり(泣)。

イヤホンによってけっこう再生時間に差があるので、長いものを選ぶといいですね!

 

①と②まとめ⇒『AACに対応していて再生時間が長いワイヤレスイヤホン』がおすすめ!

 

“AAC”に対応したイヤホン46機種徹底比較!

AAC対応のワイヤレスイヤホンを管理人のほうでピックアップし、

表にまとめました!

「ネックバンド式」と「独立完全ワイヤレス」で分けて見ていきましょう!

ネックバンド式はこういうやつです↓

(https://www.skullcandy.com/international)

独立完全ワイヤレスはこういうやつです↓

(http://keyassets-p2.timeincuk.net/wp/prod/wp-content/uploads/sites/39/2016/05/Erato-Apollo-7-earbuds-630×400.jpg)

◆オススメ度:
管理人が様々なレビューを確認したり、ものによっては店頭で実際に聴いたりして判断しています。

◆IP○○:
防水防塵性能です。数字が大きいほど性能が高い。

◆ノイキャン:
ノイズキャンセリングのこと。外音をイヤホン本体のマイクでキャッチし、逆位相の音波をイヤホン内に流すことで、電気的にノイズをカットします。

◆レビュー:
レビューが確認できるサイトへ飛びます。ない場合は記載していません。

 

ネックバンド式

←左右スクロール→

拡大縮小も可能。スマホ横画面にするとなお見やすい!

機種名 参考価格 Amazon オススメ度 再生時間 付属イヤピ 特記事項 レビュー確認
TaoTronics TT-BH07 ¥2,999 ★★★★★ 5h S,M,L 耐汗 ⇒レビュー
ELECOM LBT-HPC40MP ¥4,280 ★★★☆☆ 6h S,M,L 重低音 ⇒レビュー
GLIDiC Sound Air WS-5000 ¥5,280 ★★☆☆☆ 8h XS,S,M.L ⇒レビュー
radius HP-BTF01K ¥5,370 ★★★☆☆ 9h S,M,L IPX5 ⇒レビュー
NAGAOKA BT805 ¥5,370 ★★☆☆☆ 4h S,M,L ⇒レビュー
ELECOM LBT-HPC50MP ¥5,810 ★★★★☆ 8h XS,S,M.L 耳掛け式 ⇒レビュー
audio-technica ATH-CKR35BT ¥6,440 ★★★☆☆ 7h XS,S,M.L ⇒レビュー
radius Sports HP-S100BT ¥6,450 ★★★☆☆ 7h S,M,L IPX6
ELECOM LBT-SL100MP ¥6,480 ★★☆☆☆ 6h S,M,L アニソン
SONY WI-C400 ¥7,430 ★★★★☆ 20h XS,S,M.L
3E Mag Ear ¥7,970 ★☆☆☆☆ 3.5h S,M,L IPX3 ⇒レビュー
NuForce BE Lite3 ¥7,980 ★★★★★ 10h S,M,L IPX5 ⇒レビュー
SONY MDR-XB70BT ¥8,310 ★★★☆☆ 9h XS,S,M.L 重低音 ⇒レビュー
Pioneer SE-E7BT ¥9,150 ★★★☆☆ 7.5h S,M,L IPX4
moshi Mythro Air ¥9,500 ★★★☆☆ 8h S,M,L
audio-technica ATH-CKR55BT ¥10,670 ★★★★☆ 7h XS,S,M.L ⇒レビュー
NuForce BE Sport3 BT ¥10,670 ★★★★★ 10h S,M,L IP55 ⇒レビュー
RHA MA650 Wireless ¥12,850 ★★★★☆ 12h S,M,L IPX4 ⇒レビュー
Klipsch R6 Bluetooth ¥12,960 ★★★☆☆ 8h S,M,L 耳掛け式 ⇒レビュー
moshi Vortex Air ¥15,980 ★★★☆☆ 8h S,M,L
NuForce BE 6i ¥16,070 ★★★★☆ 8h XS,S,M.L IPX5 ⇒レビュー
audio-technica ATH-CKR75BT ¥16,070 ★★★☆☆ 7h XS,S,M.L ⇒レビュー
audio-technica ATH-BT08NC ¥18,660 ★☆☆☆☆ 8h XS,S,M.L ノイキャン ⇒レビュー
audio-technica ATH-CKS990BT ¥21,340 ★★★☆☆ 5h XS,S,M.L 重低音 ⇒レビュー
SONY WI-H700 ¥22,550 ★★★★☆ 8h XS,S,M.L ハイレゾ
Westone WX ¥22,800 ★★★☆☆ 8h 超多数 1BA
SENNHEISER MOMENTUM In-Ear Wireless ¥23,320 ★★★★★ 10h XS,S,M.L ⇒レビュー
i.am+ BUTTONS ¥24,700 ★★★☆☆ 6h S,M,L Siri連携 ⇒レビュー
B&O Play BeoPlay H5 ¥29,700 ★★★☆☆ 5h XS,S,M.L コンプライ ⇒レビュー
Bose QuietControl30 wireless ¥34,560 ★★★★★ 10h S,M,L ノイキャン ⇒レビュー
SONY WI-1000X ¥37,670 ★★★★★ 10h XS,S,M.L ノイキャン

 

 

左右独立完全ワイヤレス

←左右スクロール→

拡大縮小も可能。スマホ横画面にするとなお見やすい!

機種名 参考価格 Amazon オススメ度 再生時間 付属イヤピ 特記事項 レビュー確認
VAVA VA-BH001 ¥9,999 ★★☆☆☆ 2h S,M,L IPx4 ⇒レビュー
ERATO Rio3 ¥10,670 ★★★★★ 6h S,M,L IPX5 ⇒レビュー
MEES FIT1 ¥11,980 ★★★★★ 3.5h S,M,L IP55 ⇒レビュー
Beat-in Stick ¥14,370 ★★☆☆☆ 3h S,M,L ⇒レビュー
ERATO MUSE5 ¥16,480 ★★★★☆ 4h S,M,L IPX5 ⇒レビュー
Beat-in Power Bank ¥17,259 ★★☆☆☆ 3h S,M,L ⇒レビュー
dashbon sonabuds TWS-H3 ¥17,760 ★★★☆☆ 4h ⇒レビュー
AirPods ¥18,144 ★★★☆☆ 5h Siri連携 ⇒レビュー
fFLAT5 Aria Two ¥18,144 ★★★★☆ 3h S,M,L IP54 ⇒レビュー
EARIN EARIN M-1 ¥22,842 ★★★☆☆ 3h S,M,L ⇒レビュー
SONY WF-1000X ¥26,870 ★★★★☆ 3h XS,S,M,L ノイキャン
ERATO Apollo7 ¥29,800 ★★★★★ 3h S,M,L IPX5 ⇒レビュー
EARIN EARIN M-2 ¥32,180 ★★★★☆ 3h S,M,L
ERATO Apollo7s ¥39,830 ★★★★★ 3h S,M,L IPX7 ⇒レビュー

 

おすすめまとめ!

ネックバンドか、完全ワイヤレスか

こだわりがなければ、ネックバンドが今のところおすすめですね。

なんと言っても再生時間が全然違う。

ネックバンドなら8時間くらい大丈夫でも、完全ワイヤレスだと3時間くらいしか持ちません。

ただ、完全ワイヤレスの「ケーブルが全くない」快適さは、一度味わうと戻れなくなります。

そんなに長い時間は聴かないなら、完全ワイヤレスでもいいでしょう。

 

ネックバンドのコスパ定番!

約3,000円でAAC対応・耐汗・接続の安定性を確保した、TaoTronics TT-BH07は驚異的なコスパの高さだと思います。

私も持っていますが、フィット感もいいので、最高。

初めてのワイヤレスイヤホンにはベストチョイスですね。

 

NuForceの躍進がめざましい!!

わりと昔からあるメーカーですが、今まで、いまいちパッとしない感じがありました。

ですが、2017年ごろから高評価を得るコスパイヤホンが出始め、

その勢いはワイヤレスにまで来ましたね!

どれもハズレのない完成度で、使い勝手もよく、素晴らしい。

ニュースタンダードになる予感。

 

安定信頼のERATO製

完全ワイヤレスのほうで、安定した人気を誇る、ERATO製のイヤホン。

他社製は、どこかに欠点を抱えていて、でもまぁ仕方ないか、と我慢する部分がある一方、

ERATO製はあまり欠点が見つかりません。

「ノイズキャンセリングが付いてる!」「ワイヤレスでハイレゾが聴ける!」

などの飛び抜けた性能があるわけではありませんが、

消去法をしていくと結局ERATOにたどり着く…

そんな印象です。

迷ったらERATO製にしておけば間違いないでしょう。