なんとですね、

あの世界的フラグシップの

SENNHEISER IE800

ピッタリなイヤーピースが見つかりました!

 

IE800といえば『初心者向け』というよりかは、

かなり「ツウ」なマニア向けのイヤホンとして超有名ですが…

その唯一無二の素晴らしいサウンドを誇る裏で、

残念な欠点も持ち合わせているのは、

知る人ぞ知るところでしょう。

そう、純正イヤーピースが耳に入りにくい。

しかし、いい方法がありました。

 

世間でよく言われている、

コンプライの200番を使うのではありません。

純正イヤーピースを改造するのでもありません。

結論を言ってしまいましょう。

 

audio-technica

SOLID BASS専用イヤーピース

これをはめるんです。

 

(装着イメージ)

f:id:bellmonaite:20160829175415j:plain

f:id:bellmonaite:20160515232256j:plain

 

 

私が調べた中では、この

SOLID BASSのイヤーピースをはめる方法

はどこにも載っていませんでした。

ポータブルオーディオ上級者は

あまりSOLID BASSシリーズには興味を示さないので、

盲点になっていたのではないでしょうか。

 

SOLID BASSのファインフィットイヤピは、

イヤホンにはめる内部部分(赤いとこ)が固めの構造になっており、

IE800の短いステムにもピッタリとおさまります。

そして、IE800の高音の響きを潰してしまうこともなく、

しっかり遮音性・装着感を得られます。

 

私が使っていた限りでも、

耳への挿入・脱着時にポロリと取れてしまうこともありません。

これでIE800の致命的な欠点をカバーでき、

よりよい音楽空間に浸ることができるようになります。

 

色々と方法を探してはきましたが、

現状これがベストな方法ではないでしょうか。

ぜひ試してみてください。

 

(なお、audio-technicaのイヤピにはけっこう似た種類のものが

いくつかあるので、

ミスって違うのを購入したくはない!

という方は、

この記事下↓にamazonへの商品ページリンクを貼っておきました。

そちらから購入することも可能です。)

ともに素晴らしい音楽LIFEをめざしていきましょう!!

 

(リンク先でXS,S,M,Lの選択可能。ちなみに上記写真はMサイズ装着時。)


(chuya-online)AUDIO-TECHNICA ER-CK50M BRD 交換用イヤーピース


(chuya-online)AUDIO-TECHNICA ER-CK50M WRD ファインフィット 交換用イヤーピース